300M、1ギガ、5ギガで何ができる?

通信サービスの区切りとなっている、300M、1ギガ、5ギガといったデータ量。

このデータ量でどの程度インターネットが楽しめるのでしょうか。



■300M(メガ)バイト

1Mバイトは、1024^2バイトに相当します。
ですので300Mは、300×1024^2=314,572,800バイト

データ通信1パケットを128バイトで送受信したとすると、
314,572,800÷128=2,457,600パケットに相当します。

300Mで実際どのくらいの通信ができるかというと、

ホームページはおよそ1000ページ
 ※1ページが300K(キロ)バイト程度で計算

音楽はおよそ75曲
 ※1曲約4分約4Mバイト(ビットレート128Kbps)を想定

動画はおよそ80分(1時間20分)
 ※ビットレート平均512Kbpsを想定

に相当します。

インターネットしていると、あっという間に使い切ってしまうデータ量といえるでしょう。

>>>300Mバイト使う際の料金比較をみる

▼定額サービスで高速通信といえばWiMAX!今なら12000円キャッシュバック!▼






■1G(ギガ)バイト

1Gバイトは、1024^3バイトに相当します。
1G=1024^3=1,073,741,824バイト

データ通信1パケットを128バイトで送受信したとすると、
1,073,741,824÷128=8,388,608パケットに相当します。

1Gで実際どのくらいの通信ができるかというと、

ホームページはおよそ3400ページ
 ※1ページが300K(キロ)バイト程度で計算

音楽はおよそ256曲
 ※1曲約4分約4Mバイト(ビットレート128Kbps)を想定

動画はおよそ273分(4時間33分)
 ※ビットレート平均512Kbpsを想定

に相当します。

300Mバイトに比べたら、たくさんインターネットができますね。

>>>1Gバイト使う際の料金比較をみる

▼定額サービスで高速通信といえばWiMAX!今なら12000円キャッシュバック!▼







■5G(ギガ)バイト

ギガの単位は1Gの項を見てください。
5ギガは1ギガの5倍のデータ量になります。

5G=5×1024^3=5,368,709,120バイト

データ通信1パケットを128バイトで送受信したとすると、
5,368,709,120÷128=41,943,040パケットに相当します。

1Gで実際どのくらいの通信ができるかというと、

ホームページはおよそ17000ページ
 ※1ページが300K(キロ)バイト程度で計算

音楽はおよそ1280曲
 ※1曲約4分約4Mバイト(ビットレート128Kbps)を想定

動画はおよそ1365分(22時間45分)
 ※ビットレート平均512Kbpsを想定


かなり通信ができるという印象を持たれたと思います。

実際、データ通信を使用しているユーザーのほとんどは、
この5ギガを超える通信はしないそうです。

ただ、通信が高速になっていることや、動画サイトが増えていることを考えると、
5ギガでは足りなくなるユーザーが増えていくのではないかと思います。

5ギガでは不安、という方は定額サービスを選びましょう。

>>>定額サービスの料金比較をみる


▼定額サービスで高速通信といえばWiMAX!今なら12000円キャッシュバック!▼




前
LTEとは
カテゴリートップ
TOP