トップ  >  ・FOMAサービス内容
・FOMAサービス内容

ドコモが提供するおなじみの通信サービスFOMA。

今やドコモの代名詞といえる通信サービスとなりました。

携帯電話の通信だけではなく、データ通信としてもFOMAは使われています。



通信速度は遅い
料金はそこそこ高い
通信エリアが広い&安定している

通信エリアの広さが売りのFOMA。

他の通信サービスでは通信できないエリアも、FOMAなら通信できる、
といったケースは多々あります。

通信速度や料金より、まず確実に屋外でインターネットをするということを求めるなら、
FOMAははずせないサービスです。



プラン名料金
定額データ スタンダード割適用※11,000円/月〜6,510円/月
定額データ スタンダードバリュー2,000円/月〜9,765円/月


※1 契約期間は2年間。途中解約する場合別途費用がかかる。

料金面から考えると、スタンダード割を適用した方がよいでしょう。

スタンダード割時は、142500パケット以上になると料金の上限に達し、
スタンダードバリュー時は、208700パケット以上になると料金の上限に達します。

その他、通信料以外にmoperaU等のプロバイダと契約する必要があります。
moperaUは、別途525円/月の費用がかかります。



受信最大7.2Mbps 送信最大5.7Mbps



以下の機器のいずれかを購入する必要があります。

・USBタイプ
・PCカードタイプ
・WiFiルータータイプ

USB、PCカードタイプの場合、PCに接続、moperaUに契約するだけでインターネットが使えます。

用途によって、機器のタイプを選びましょう。



通信の安定性を求めるならば、FOMAは間違いのないサービスです。

ドコモが時間をかけて広げてきた通信サービスだけあって、通信エリアに
関しては他のサービスを圧倒しています。
  
通信速度の関しては、それほど速くはないですが、動画や音楽といった
大容量のデータをダウンロードしなければ、それほどストレスにはなりません。
  
あとは、少し高めの料金をどう考えるかでしょう。

前
・Xi(クロッシィ)サービス内容
カテゴリートップ
TOP
次
ドコモ